頑張るお母さんを応援します!

ピヨピヨクラブ
こうま組


園だより
12月の園だより
11月の園だより
10月の園だより
9月の園だより
夏期特別保育のお知らせ
7・8月の園だより
6月の園だより
5月の園だより
4月の園だより
春期特別保育のお知らせ
3月の園だより
2月の園だより

1月の園だより

冬期特別保育のお知らせ
12月の園だより
11月の園だより
10月の園だより
9月の園だより
7・8月の園だより
夏期特別保育のお知らせ
6月の園だより
ピヨピヨクラブ5月予定
5月の園だより
4月の園だより
春期特別保育のお知らせ
3月の園だより
2月の園だより
1月の園だより

行事の風景
10がつのできごと(1)
10がつのできごと(2)
大運動会10/14(1)
大運動会10/14(2)
篠山チュルドレンズ…9/28
敬老の日のつどい9/14
夏まつり 8/24
<夏期特別保育>
サーキットあそび 8/21・きっづ光科学館 ふぉとん 8/22
竹笛づくり 8/17・水無瀬自然公園8/20
カブト虫にさわ…1 8/6
カブト虫にさわ…2 8/6
うドーナツ作り 8/3
スタンプラリー 8/2
みどりの絵を… 7/31
ミニ運動会 7/30
同窓会 7/28
平安騎馬隊 7/27
科学の日 7/26
宝積寺に行こう7/25
工作の日 7/24
ゲーム大会 7/23
ファミリーフェスタ 6/23(2)
ファミリーフェスタ 6/23(1)
6月のできごと(2)
6月のできごと(1)
年長組 遠足 5/18
年長組 茶道体験 5/15
年長組 園児大会 5/10
入園・進級式 4/7
終業式 3/18
卒園式 3/17
年長組チャレンジ発表会2/28
発表会 2/24
冬期特別保育の風景B
冬期特別保育の風景A
冬期特別保育の風景@
クリスマス会 12/12
おもちつき大会 12/8
学園祭・作品展 11/25
柿狩り 11/9-11/10
大運動会(2)10/15
大運動会(1)10/15
キッズベルコン 7/25
京都水族館 7/24
松尾大社絵提灯の絵7/22
京都市動物園 7/21
こうま年少の集い/年中年長合宿 7/18-7/19
七夕音楽会 7/1
ラクセーヌ七夕 6/27
ファミリーフェスタ6/24
じゃがいもほり 6/19
歯科検診 6/15
避難訓練 6/13
京都府私立幼稚園 中央園児大会 (年長組) 5/11
お弁当の日 5/10
入園・進級式 4/8
春期特別保育 3/21
終業式 3/19
卒園式 3/18
作品展 2/25
周防猿まわしの会 2/10
節分・豆まき 2/3
おもちつき大会 1/27

お料理教室 1/24
かるたとり大会 1/16

行事 平成28年
発表会 11/26
学園祭 11/5
ハローウイン 10/31
柿狩り 10/28
お芋ほり 10/24
運動会<開会式> 10/16
運動会<競走・玉入れ>
運動会<バルーン>
運動会<組体操>
大阪国際空港 9/30
市民防災センター訪問 9/27
敬老のつどい 9/17
園外保育 9/9
夏まつり 8/27

ひろば
平成28年8月のひろば
平成28年7月夏季特別号
平成28年6月のひろば
平成28年5月のひろば
平成28年4月のひろば
平成28年3月のひろば
平成28年2月のひろば
平成28年1月のひろば

 

 年長組の子ども達が滞りなく卒園していきました。ホッと安堵していると、もう新学期です。進級した 子ども達の弾む声に混じって新入園児の泣き声も聞こえてきます。登園する子ども達が家族の方と離れる不安からむずかっているのでしょう。毎年、同じような光景が見られますが一ヵ月もしないうちに、熱があっても「幼稚園、休むの いやや!」と言うようになります。それが「幼稚園」であり、先生や友達との絆の第一歩なのです。

 学校教育法第一条に「学校とは幼稚園、小学校、中学校・・・とする」と明確に規程されています。つまり幼稚園は一番はじめに通う学校なのです。ただ評価の方法は他の教育機関とは異なり、学習だけで評価されることはありません。

 幼稚園では毎日元気に登園し、先生や友達と元気一杯遊び回ることが第一の目標です。その中で運動すること、絵を描くことや物を造ること、必要な言葉や数を学ぶことなどをはじめとして、全人格的にすこやかな成長を養っていきます。陽光うららかな春四月から幼稚園生活を十分楽しんで欲しいものです。

 

とき:4月7日(土)10:00 〜 12:00

ところ:遊戯室

 

  • 保護者同伴での登園となります。9:40までに登園してください。《時間厳守》
  • 必ず制服着用 [上着・ブラウス・半ズボン・スカート・白ソックス(ハイソックス)または白タイツ(フリル・柄なし)]
  • ボタンが取れていないか確認をしてください。通園かばんは、いりません。
  • シャトルバスの運行はしませんので公共の交通機関を利用してください。
  • 駐車場をご希望の方は3月23日(金)13:00 〜 14:00 の間に事務所まで電話をしてください。(駐車台数8台)

 

  • 行事の日に園庭を仮駐車場として開放することがあります。
  • 原則として病弱・妊婦の方、乳幼児(2才未満)・お年寄りがおられる方を優先とし、そのあとは先着順とします。
  • 車は行事が終了するまで出られません。
  • 行事当日にシャトルバスを運行する場合もあります。

※園庭仮駐車場・シャトルバスについては事前に園だよりなどでお知らせしますので必ず確認してください。

 

☆バス通園

  • 玄関前又は指定の場所まで保護者の方が送迎してください。
  • バス降園の方の園出発時間 午前中保育=11:30 全日保育=14:30(5月7日〜)
  • バスをスムーズに運行させるために到着時間5分前には所定の場所でお待ちください。 ただし入園当初は、乗降に時間を要するため遅れがある場合があります。

☆徒歩通園

  • 送迎は保護者が行ってください。登園時間は 9:15 〜 9:45 です。
  • 徒歩通園の降園時間( 全学年・正門より )
    午前中保育=12:00 全日保育=15:00(5月7日〜) 指定時間の5分前にはお越しください。

※子ども達が園に慣れるまでバス出発13:00、徒歩通園のお迎えは13:30となります。 (4月9日〜5月2日)
※バス通園・徒歩降園とも兄姉知人が送迎をされる場合は、園に連絡してください。 ※指定の時間にお迎えに来られない場合や、お迎え時間が15:00以降になる場合は、竹馬の会に預けてください。(竹馬バスの申し込みは前日16:00までです。当日に申し込まれた場合はお迎えのみとします。

 

毎月、月末に園だよりを持ち帰ります。行事予定や必要な連絡事項が書いてありますのでよく読んで間違いのないようにしてください。特に行事予定のページ( bQ )は、毎日登園前に確認してください。

 

☆お弁当持参

4月から7月の間の水曜日をお弁当の日とします。お弁当は食べやすいように工夫をしてください。お弁当箱の包みは、袋の口が自分で開け閉めできるものにしてください。お弁当箱・コップ・箸箱・袋には必ずはっきりと名前を書いてください。

☆給食

  • 行事予定の給食の欄にその日のメニューを記載しますので、パンの日はお皿・コップ・スプーン、米飯の日はメニューによりお箸・お椀・コップ・スプーンを忘れずに持たせてください。
  • 8月の夏期保育より毎日、給食となります。
  • 午前中保育の場合は補食がありますが、昼食はご家庭で用意してください。
  • 給食チェックリスト(お子さんが食べた量の目安を記入したもの)を週末にお渡しします。押印して週の始めに持たせてください。

☆水筒

4月9日(月)より毎日、水筒にお茶を半分以上入れて持たせてください

 

☆タオル雑巾持参

タオル1枚、雑巾2枚を無記名で4月13日(金)までに持たせてください。

☆絵本かばん

絵本かばんを 4月13日(金)までに持たせてください。おたよりや絵本などを入れて持ち帰りますので持ち帰った翌日に必ず持たせてください。( 園で預かります。)

☆教材

  • 進級児・・・ はさみ・のり・クレパス・粘土・粘土ベラ・ケース・ピアニカ( 年長 )道具箱・ クラス帽子を4月9日(月)に持たせてください。(クラス名・氏名をはっきりと書き直してください。)
  • 新入園児 ・・ 教材がそろい次第お渡しします。名前を記入後、幼稚園に持たせてください。

☆歯ブラシ

全園児が食後に歯みがきをします。歯ブラシに名前を記入して4月9日(月)より毎日持たせて ください。

 

  • 欠席・登降園時間の変更などは 7:20 〜 8:30 の間に事務所まで連絡をしてください。
  • 担任への電話の場合   
    午前中保育の日  14:30 〜 18:00
    全日保育の日   15:30 〜 18:00

※上記時間帯であっても職員会議やバス乗務などで応対できないことがあります。

 

欠席日数が 年少・こうまAコース5日、年中4日、年長3日 以内の方に学年末に努力賞を渡します。

 

「入園のしおり」の主な学校感染症一覧に記載されている病気にかかった場合は、予防のため完治するまで欠席してください。またご家族が感染した場合も同様に、完治するまで園児本人も欠席するようにお願いします。欠席しても公欠扱いになります。登園時には必ず園所定(京都府医師会指導)の「登園届」を提出してください。

  • 第三種その他の感染症は登園停止になった場合は必要です。
  • 登園停止にならない場合でも診療医が登園してもよいという証明のために登園届けを出すようにしてください。(京都府医師会)